企業にとって事業所内保育の導入には色々なメリットがある!

事業所内保育の導入は企業のイメージアップにも繋がる!

management

企業にとって事業所内保育の導入には色々なメリットがある!

保育士

コスト削減もできる

企業の経営を考える場合、子育てをしている社員が働きやすい環境を作ることが大切です。事業所内保育を導入することで、出産・子育てを理由とした退職者を減らすことができます。退職者を減らすことができれば、企業の新たな採用・育成のコストを削減することができるので企業にとってプラスだと言えます。

組織力向上を目指せる

また、働く環境に合わせて子どもを預けられるので安心して働くことができます。そのことは、社員のモチベーションが上がることにも繋がります。したがって、事業所内保育を導入すれば、社員のモチベーションを上げて組織力向上を目指すこともできます。

働きやすい環境を

事業所内保育を導入していれば、働きやすさを重視した優秀な新入社員を集めることができるでしょう。最近では、夫婦共に働く家庭が増加しています。時代の流れの中でも、子育てをしながら働きやすい環境を整えることは大切なのです。

企業のイメージアップにも

事業所内保育の推進は、企業のイメージアップにも繋げることができます。子育てがしやすい環境を構築する取り組みを行っている企業は、将来の日本のためにも貢献していると言えます。それは社会貢献の一つだと言うことができるので、企業のイメージアップにも繋がるでしょう。

事業所内保育の魅力を知ろう

最近では、働きやすい環境を構築しようという取り組みを行っている企業が増えています。そのような取り組みの一つとして、事業所内保育の導入が挙げられます。事業所内保育導入のメリットを以下でランキング形式でまとめました。

事業所内保育のメリットBEST3!

no.1

女性社員が働きやすい

事業所内に保育所があれば、出産後業務に復帰しやすく、子育てを原因とした退職を考えなくて良いので魅力的です。優秀な人材が抜けるのを防ぐことができます。採用の際にも優秀な人材が応募してくるでしょう。

no.2

時短勤務者を活用できる

子どもを持つ社員を時短労働者として活用できれば、企業の戦力になります。事業所内保育があれば、細かいシフトで社員を活用できるので便利です。当然経験者なので、企業のにとっては大きなメリットです。

no.3

採用・育成コストを削減できる

出産・子育てを理由とした退職者が出た場合、新たに社員を採用して育成しなければなりません。事業所内保育があれば離職率を下げることができ、新たに発生するコストを削減することができるのです。

広告募集中